ひたち海浜公園のコキアライトアップ2019!「来年」は行く?行かない?年に10日のプレミアム

ひたち海浜公園のコキアライトアップ2019!「来年」は行く?行かない?年に10日のプレミアム

8月が終わりを告げようとすると訪れる、ライトアップされたコキアと夜のひたち海浜公園の開放 .。

昼間のひたち海浜公園は見慣れた光景だけど、「夜」という顔は滅多に見る事ができない。

そんな無防備ともいえるめったに入れない「夜」の顔、ひたち海浜公園。

 

実は無防備どころか万全の体制をもって訪れる観客達をもてなしてくれる。

音と光とコキアをもってお届けしてくれるラストサマー8月の締めくくり。

 

さて、ライトアップコキアに興味のあった方。

是非、この記事で猿飛が感じた事や問題点など予習しておいて頂ければ幸いです

<スポンサーリンク>

Advertisement

猿飛
そうだ!ラストサマー8月を締めるイベントに参加してみよう

幻想的なコキアのポテンシャルはどんな感じ?

約3万2千本のコキアたちが華やかに踊る年に1度の晴れ舞台。
10日間だけの特別期間は私たちをどんな夜のひとときにしてくれるのだろう?

期待と胸を躍らせて「わいわい」と踊るもふもふなコキアへと逢いに行きました。

結論から申し上げますと・・・

行ってよかった。見て良かった。

 

ライトアップへ向けたスタッフさん達の努力のたまものをひしひしと感じながら・・

光に照らされ音楽と共鳴する華やかに踊るコキアたち。

踊り終わったコキアたちは休憩をするかの様な安らかなBGMが流れ、訪れる私たち訪問客もしばしマッタリモードにさせてくれます。

(踊り終わったしばし休憩モードのコキアたち)

10分間というコキアの休憩が終わると再びコキアのショータイムが始まります。

 

・コキアたちは色々なBGMと光の点滅で私たち訪問客を楽しませてくれます。

・踊り終えたら10分間の休憩と次のBGMに備えてます。

 

コキアだけじゃない!人の目を引くひょうたんランプたち

(興味のある方!!画像拡大できます)

ライトアップされるのはコキアだけじゃない。

そう!「ひょうたん」・・え?ひょうたん?はい、実は驚くなかれ・・これにも装飾を施した癒やしをもたらすライトアップに姿を変えて

私たち訪問客をもてなしてくれます。

ここでも感じ取れる制作者たちの「努力の賜」に感謝。

(興味のある方!画像拡大できます)

あったか~い!!

暖色のランプがほのぼのと光りコキア会場へ早々と歩く私たち訪問客にしばしの安心感を与えてくれるテラスハウス。

昼間は工作など子供達の声がにぎやかな場所だけど、このライトアップ期間中の夜はこうして静かにそっと光を与えたたずんでるんだね。

夏の夜空に暗い森林に囲まれたテラスハウス。

 

あふれ出る温かい光は会場へ向かう訪問客の歩く足を止めてしまうくらい力あるものなのです。

 

モンキー
おいおい・・オイラ、サングラスかけてる場合じゃないじぇ

猿飛
心が温まるライトアップなひょうたん達ですね

 

<スポンサーリンク>

Advertisement

この展示もコキアライトアップ期間中しかやってない為、ある意味でプレミアムな存在です

胃袋と味覚を満たす<キッチンカー>と愉快な仲間たち

昼間はひたち海浜公園で家族で遊んで、夜は「コキアライトアップ」をお楽しみにしている方。

お腹を満たす手段はここにもあります。

そう!<キッチンカー>達が私たちの嗜好に合う様に色々なタイプのキッチンカーが所々に存在するんです。

 

お肉が好きな方、ご安心を!こうして牛タン串のキッチンカーなども存在します。

軽くガツンと胃袋を満たすのには手応えあるフードでしょうか??

はて?これは何のキッチンカーだろか??

夜のキッチンカーはこれ何を販売してるのかな!?ってな具合に探すワクワク感も楽しみの1つかもしれません

猿飛
何たべようかな~?えへへ、優柔不断だから迷っちゃう

 

猿メ
昼の雰囲気と夜の雰囲気も違うから何かいいよね?

<スポンサーリンク>

Advertisement

ライトアップされたコキアの混雑具合は?

意外と穴場な時間に突入したのかもしれないと思える手応えがありました。

コキアライトアップ初日に西駐車場へ20時に突入したんです・・・。

西駐車場へ入庫できるタイムリミットは8:20分なのでギリギリの入場。

 

モンキー
猿飛は検証する時、いつもギリギリ狙うよね!?

 

猿メ
いや、今回はただ仕事が遅れただけじゃない?笑

結論から言わせて貰うと・・

まず帰る方とすれ違う事が多かったのです。

そして何より入り口から近い駐車場が空いてる事。

 

これはライトアップコキアの初日でなおかつ、平日の金曜日だったから空いていたのか?

それとも、コキアライトアップの時間前までは小雨が降ってたからそもそも入場客が少なかったからなのか?

とにかく条件次第ではやはり快適なひたち海浜公園のコキアライトアップを堪能できると思った猿飛です。

 

危険!地面には無数の虫が・・

灯りに群がるたくさんの虫たちがコキア会場へと向かう舗装された道路にあちこちと地面に落ちてます。

気分は良くないので「知らぬが仏」の如く下を見ないで目的地へと向かうか、はたまた、カナブンなど虫を避けながら会場へと向かうかの二択です。

けっこうやばいくらいに所々と落ちてるんで目をそむけたくなります

猿は靴の裏が汚れるの嫌だったからことごとく避けて会場へ向かいました。

帰宅する前の車へ乗り込む前は靴の裏の汚れは落とした方がいいかも知れません。

 

めったに入れない夜の顔のひたち海浜公園の華麗なる雰囲気

さて、年に10日間しか開催されないコキアのライトアップ。

昼間はおっとりほのぼのした雰囲気ですが、夜はこうして華麗に所々あちこちとライトアップされています。

訪れる私たちを<音と光>の演出で楽しませてくます。

これはほんの一部。

カフェテラスで有名な<レストハウス>もライトアップされています。

猿飛
ネタバレばかりもどうかと思って・・載せてないんです

 

モンキー
はっはっは!その光景を見るのは行ってからのお楽しみでもあるじぇね

 

レインボーに照らされたここはコキア道の山を昇る手前・・・。

もうこの立ち位置からでもコキアが踊る姿を捉える事もできますよ

注意点

駐車場は西駐車場の入庫か臨時駐車場のみです。他の駐車場へは入庫できません!

入庫できるタイムリミットは20:20分までであり、閉園時間の21:30分までに駐車場から出る様に促された看板を見かけます。

猿メ
ちょっと・・焦っちゃうわぁ。。

 

感想

1年に10日間限定のひたち海浜公園が送る<音と光>のコキアライトアップは希少価値ありです。

猿飛は訪問できて良かったなと思います。

家族も喜んでくれました。

家族から喜んで貰えると仕事おわりに疲れた体にムチうった甲斐があったなと自分を褒めてやれます(笑)

 

滞在時間は1時間ちょいと少ないながらも「腹8分目」

もう少し食べたいな?・・くらいが丁度いいかもしれません。

コキアの成人前(赤く色づく前)の華麗なるショータイムを是非、あなたの目で確かめてジャッジして見てください。

夏の終わりを告げる8月の締めくくり。

皆様のいい思い出になります様に!!