鉾田うまっかっぺフェスタ2018年の内容を振り返る

鉾田うまっかっぺフェスタ2018年の内容を振り返る

鉾田うまかっぺフェスタのまちなかカーニバルって一体どんなイベントなんだろう?イベントに突撃してきました☆

農業の貢献が全国2位!鉾田のグルメから産地のお品物や展示品、体験など盛りだくさん。

鉾田が発信する地域資源の魅力をとくとご覧ください☆

猿飛
そうだ!鉾田最大のイベントに行ってみよう

2018年から会場が変更

鉾田最大のイベント「うまかっぺフェスタ」の会場は去年までは「鹿島灘海浜公園」での開催でした。

鹿島灘海浜公園をご存知でない方は下記の記事で把握できます☆

 

2018年からは市街地を<歩行者天国>へと姿を変えて鉾田市を練り歩ける企画へと様変わり。

こちらは移動販売自動車がつらなるエリアです。様々なメニューが移動販売で各自が営業をしております。

(まちなかカーニバルの詳細)

画像を拡大して詳細が見れますよ☆

 

うまかっぺフェスタの催し物って一体どんな物?

コンセプトは「鉾田市の魅力を発信」です。

 

鉾田市に名をとどろかす有名なブースが集まっている為、このイベントで一気に鉾田市を味わえちゃいます☆

 

そしてメインステージではバルバロスサンバや水戸児童合唱団などなど。

 

多くの招待者がこの鉾田うまかっぺフェスタを盛り上げてくれました。

 

また、メインステージ意外にもストリートステージ②と③がありこれらの招待者も私たち訪れた観客を盛り上げてくれました。

 

いこいの村涸沼ブース

涸沼のシジミって聞いた事ありますか?。ちなみに(ひぬま)と呼びます。

有名なんですよこのシジミ。

秋も深まり少し肌寒い中での温かい味噌汁はまた美味しい!!

白味噌なのかな?塩分も控えめに健康面にも気を使って下さる味噌汁でした。

 

お得に購入できるパルシステム茨城

 

パルシステム茨城ブースに集まる人達。

実は<歩行者天国>開始時間までまだ猶予があったので人はまだ各ブースまばらだったのですがここだけは人が集中。

猿飛もそれに釣られて見てみると・・・。

お得を発見

 

(戦利品画像)

画像拡大できます☆

1つ100円!6点購入で500円という太っ腹なイベントです

ん?あれ??1つ足りないじゃん・・。って思いましたか!?

はい、実は・・「九条ネギのドレッシング」もあったのですが、袋から落下してブレイクしました(泣)

 

本当は6点あったんです。

そして内心は本当に楽しみにしていた「九条ネギのドレッシング」・・誠に残念です。

 

無料で遊べて景品も貰える嬉しい催し物ブース

無料で遊んだり体験できたりなどお財布にも優しいのがうまかっぺフェスタなのである。

しかも無料で遊べたのに「景品」まで頂けるなんて・・ワンダフル☆

子供連れの方には嬉しいブースです

鹿島アントラーズFCキックターゲット

子供だけじゃなく大人も参加できるブース。蹴るチャンスは2回なり!!

 

いやはや、ボールのコントロールって難しいです。

 

鉾田市上下水道部 水道課

こちらもなかなかの盛況でした。

水を発射してターゲットを3体倒すと「特賞」がGETできる無料の遊びです。

子供たちいわく、発射させる押し込む力が大事だとか☆

惜しくも2体しかターゲットを倒せませんでした

 

公共社団法人鉾田市シルバー人材センター

 

輪投げが無料で遊べるブース。輪投げの得点次第で貰える景品が変わるんです

国土交通省NEXCO東日本

ドラエモンの的当てゲームで得点を競います。

得点次第で景品が貰える無料の遊びブース。

高速道路「鉾田IC」が出来てから時がたち、今は「潮来IC」までつなげる工事をしています。

交通の利便性が向上して車を運転してお出かけする私達ドライバーにとっても茨城県にとってもまさに嬉しい好機の瞬間が待ち遠しい。

手作りキーホルダー製作

好みの台紙を選んでね!さぁ、どれにしようか?

台紙を選んだらひたすらお子様の好きな色へとトランスフォーム!!

せっせと塗りましょ♪他のお友達も一生懸命に塗ってくれてます

終わったかな!?・・後はそれをブースにいる人に渡そう。

オーブンで焼いて縮めて施して!内心は(あちち)と言うのこれ内緒(笑)

ほら出来た!君が作った君だけの手作りキーホルダーだ♪

 

・・とは言う物のそこまで本格的ではないのもこれ内緒(笑)

 

走る広告!ガルパン車とバイクの展示会

ガルパン車もうまかっぺフェスタの応援に駆けつけてくれました。

どうですか?すごい目立ちますよね(笑)

バイクにも施されています。バイク格好いい☆シュワちゃーん!シュワちゃーん!!

ターミネーターでしょうか?シュワちゃんアイテムも搭載されております。

<画像拡大できるよ>

昭和のレアな車の展示会

モンキー
ふふ、オイラに似合う車だじぇ

上記の二枚の画像。車内がすごく狭いんです。

だけどこのような車の展示品やガルパン車・バイクなどなど。

<うまかっぺフェスタイベント>のきっかけがなかったらたぶん見る機会がなかった。

ありがとう☆感謝です

まとめ

私たちの食卓に並ぶ野菜や農作物は健康管理にも欠かす事の出来ないとても大切な存在です。

これらの産物は農業産出額が全国2位である「鉾田市」さんが大きく私たち社会へと貢献してくれています。

 

ここ茨城県は作り手が年々と減少している中で、私たちの食卓や外食産業に並ぶ野菜や農作物が今は当たり前のように並んでいても、

いつかそれが当たり前じゃない状況がくる時代がいつか訪れるかもしれません。

 

だからこそ今、こうして作物を育て上げた農家の皆様に感謝。

 

そんな作り手の思いを考えながら<うまかっぺフェスタイベント>を巡るのも楽しいかなって思います。